もう会計で悩まない 起業家のための会計講座

100万円と30万円ってどっちが高いの?

ども、こんにちは。たなかです。

超お久しぶりの投稿になりますね。
約1ヶ月ぶりです・・・

しばらくノロウィルスと夏カゼでダウンしてました・・・

週に数回は投稿しようと頑張ってたんですが、
いったんサイクルが止まるとダメですね・・・
でも完全復活したので、これからもどんどん役立つ情報を更新していきますよ!

今日のテーマは「100万円と30万円ってどっちが高いの?」です。

先日楽天でネットショップをされてるNさんと話をしました。
その方が業者から広告の提案を受けたようで、
100万円と30万円の広告の提案を受けたみたいです。

で、その広告について相談を受けました。

そのNさんから相談を受けた内容が、
「最初に100万の提案を受けたんやけど、さすがにそれは高すぎるから安いの無いか聞いてみたんや。
そしたら今度はこっちの30万のやつ提案受けたんや。どっちがいいと思います?」
(毎度コテコテの関西弁ですみません・・)

私はこの話を聞いてめちゃくちゃ違和感を感じました。
それで私は違和感を感じながらも次の質問をしました。
「Nさん、なんで100万の提案を高いと思いました?」

するとNさんは「いやいや、100万やで!100万って高いやん・・」

私「はぁ・・そうですか・・Nさんがそう思うんなら30万のやつでいいんじゃないですか?」

Nさん「そうやろ、オレもそう思っててん。じゃあ30万円のやつにしとこ。」

というわけでNさんは30万円の広告を選びましたとさ。
その後は知りませんし、私のクライアントでもないので別に興味もないですし・・

この話で私が違和感を覚えたのは、Nさんの経営者としての考え方です。
Nさんは単に100万円と30万円を比較して高い安いを判断しました。
普通に買い物をする場合ならこの考え方でも問題ないのですが、
経営者としてこのような考え方は大いに間違っています。

経営者がお金を払う時は常にROI(アールオーアイ)を意識してお金を払わなければいけません!

ROI(アールオーアイ)とは「投資収益率」の事です。
つまり、「この支払がいくらになって戻ってくるのか?」ということです。
Nさんは完全にこの考え方が抜け落ちていました。

先ほどの100万円の広告が500万円の利益をもたらしてくれるなら、100万円は安いですよね。
逆に30万円の広告が10万円の利益しかもたらしてくれないなら、その30万円は高いですよね。

あなたも広告費に関わらず、教材やセミナー、システムなど何かに支払をする時は
この考え方は絶対にはずさないでくださいね。

長くなりましたので、今日はこの辺で・・
猛暑に負けず夏を乗り切りましょう!

たなか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

どうも、たなかヒロシです。

会社勤めの傍らネットビジネスをしています。

勤め先では経理や財務、銀行まわりの仕事をしています。

10年以上の実務経験で培った経理や財務の知識を ネットビジネスをされている方向けに配信していきます。

銀行や保険会社、広告代理店などの業界の方が読んだら抹殺されるような内容も出していきます。

そんなわけで顔出しNGでございます・・

詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る