もう会計で悩まない 起業家のための会計講座

確定申告ってそもそも何?

どうも、暑い中日々お疲れ様です。
たなかです。

今日は確定申告についてです。

そもそも確定申告って何なんでしょうね?
っていか、何のためにやらないといけないのでしょうか?

よく分らないまま税理士に丸投げしたり、自分でやってみたり、
挙句の果てにはよく分らないまま税金を支払ってたり・・
そういう方って多いのでは?と思いました。

で、「確定申告とは」でぐぐってみると・・・

wikiでは以下のような内容で書かれていました。
以下wikiからの転載です。

「確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。
個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること

法人が原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること

消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること」

ん~よう分らん・・見慣れない漢字ばっかりで目がチカチカする・・

かんたんにまとめると、
「営業期間中に何ぼ売り上げて何ぼ経費を使って、何ぼ儲かりましたよ。」

って言うのを税務署に報告する書類みたいですね。

そして、その儲け(利益)に対して法人税やら消費税やら税金がかかりますよ。みたいな。

ざっくり言いすぎましたが、そんな感じです。

もう少し細かく見ていくと、確定申告には個人事業と法人で別れているようですね。
で、計算する期間も個人と法人で違います。             

個人or法人? 計算期間
個人 1月1日~12月31日
法人(株式会社など) 法人が決めた期間

個人は1月1日~12月31日と決まっていますね。
株式会社などの法人はその法人が決めた期間ですね。
会社によりけりということです。

で、その期間終了後から2ヶ月以内に税務署に書類を提出するという事です。

これで確定申告終了です。

で、その提出された書類が適切なのかを調べるために、
税務署が調査に行くというわけです。
(経営者が一番勘弁して欲しい行事「税務調査」です(T_T))

営業期間中の儲け(利益)が多ければ多いほどたくさん税金をはらう義務があります。

だから、たまにアホ会社やボケ税理士なんかが脱税や節税なんかにせっせと労力を使うわけなんです。

この記事を読まれているあなたは一生懸命にまっとうなビジネスをされている方なので、
無いとは思いますが、
そんなしょーもない事は考えずにせっせとビジネスをまわしていきましょうね。

余談ですが、税理士や銀行、証券会社などが持ってくる保険などの「節税商品」なんていうものは
クソ商品ばっかりなので、基本フル無視してくださいね。

いずれそんな裏事情も暴露していきますので、楽しみにしといてください。

話はそれましたが、確定申告の大まかな概要はこんな感じです。

個人の確定申告には青色申告と白色申告に別れますが、
長くなりましたので、また次回。

たなかヒロシ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

どうも、たなかヒロシです。

会社勤めの傍らネットビジネスをしています。

勤め先では経理や財務、銀行まわりの仕事をしています。

10年以上の実務経験で培った経理や財務の知識を ネットビジネスをされている方向けに配信していきます。

銀行や保険会社、広告代理店などの業界の方が読んだら抹殺されるような内容も出していきます。

そんなわけで顔出しNGでございます・・

詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る